犬のしつけ

成犬でも子犬でも大丈夫!簡単に犬の躾をする方法とは?

ワンちゃんの無駄吠えや噛み癖で困っていませんか?

 

 

飼い主にとって犬の躾は必ずやらなくてはいけないものです

 

 

しかし、その方法がわからない、聞いた方法をいろいろと実践しているけれど我が家のワンちゃんには効果がない、そんなこともあるかもしれません。

 

 

しかし、実は犬の躾は難しくもなければ多くの方法を実践する必要もありません。

 

 

ポイントはたった一つ、そのポイントさえ押さえてしまえば短期間で、短時間で犬の躾をすることが可能になります。

 

 

犬の躾は悩む人が多い分、間違った噂や間違った方法が実しやかに広まっていることにも注意が必要です。

 

 

まず、良く勘違いされているのは「犬の躾は子犬の頃からやらないとだめ!」というものです。

 

 

確かに、子犬のころから躾を行っていればその分覚えることも多くなり、成犬になったときにはかなりのおりこうさんになっていることもあるでしょう。

 

 

しかし、犬の躾は成犬になってからでもできるんです!

 

 

特に子犬の時から躾を行う必要はありませんし、子犬だからできるということも何一つありません。

 

 

成犬でも犬の躾の方法さえわかっていれば、簡単に躾を行うことができます。飼っている犬が成犬だからとあきらめる必要は全くありません。

 

 

 

「うちの子は賢くないから…」そんな悩みも関係ありません。

 

 

犬の躾をするのにそんな大層な賢さは必要ないのです。無駄吠えでも、粗相でも、おすわりでも、ありとあらゆる躾を行うのに犬の賢さは大きな影響はないのです。

 

 

必要なのは犬の躾方法を知っているかどうか。ポイントはそこに限られています。

 

 

今現在、躾ができずに困っているのであれば、最初に行うことはたった一つ。躾けられない原因をハッキリさせることです。躾けられない原因がわかればその後の躾は簡単に行うことができます。

 

 

そして躾ができない原因を知るためには、まず「犬」という生き物の特徴を知ることが重要になります。犬の特性、そして自分の飼っているワンちゃんの特徴を知れば、それだけで躾の負担は大きく軽減されるということになるのです。

 

 

あとは簡単!躾の方法はわかっているのですぐにその効果が見えてくるはずです。

 

 

効果が見えてくれば飼い主さんもワンちゃんを思う存分褒めることができるようになります。

 

 

褒めれば嬉しくなって、ワンちゃんはもっといい子になるでしょう。その繰り返しでお互いの信頼関係はより高まり、飼い主さんもワンちゃんもストレスを感じることなくどんどん仲良しになっていきます。

 

 

躾けの方法がわかっていなければ当然、この逆のサイクルが生じます。言うことを聞かない、信頼関係ができない、お互いにストレスを感じるという状態になってしまえば抜け出すことはできません。

 

 

しかし、躾ができていないワンちゃんと飼い主の大半は、この良くないスパイラスに陥っていることが大半なのです。

 

 

このような負のスパイラルに陥らないために必要なのはたった一つ。正しい躾の方法を知ることです。正しい躾の方法さえわかっていれば、たちどころにワンちゃんは言うことを聞いてくれるようになります。

 

 

「お座り」や「お手」はもちろんのこと、無駄吠えも減り、散歩中にほかの犬に飛びかかって行くこともなくなるでしょう。

 

 

ただひたすら、言うことを聞いたときに褒めてあげても、芸ができた時にエサやおやつをあげていても、それで一時的に躾けられているものは結局エサをあげないと言うことは聞きませんし、褒めてもそこで終わりです。

 

 

犬の躾で必要なのは何よりも飼い主さんとワンちゃんとの信頼関係。この信頼関係がしっかりと築けていれば、躾に手間取ることも、無駄なおやつのコストも必要なくなります。

 

 

犬の躾で大切なのは、ポイントを押さえて信頼関係を築くことができるか、その一点に絞られると言っても良いでしょう。

 

 

そうすれば明日から可愛いあなたのわんちゃんが・・・

 

 

 

↓↓↓ 今すぐワンちゃんにお利口さんになってもらいましょう ↓↓↓

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
inserted by FC2 system